FC2ブログ
小者の道楽
諸行無常(ドンジャラ編)
ネットでの話。
リアル知ってる人は見ない方が っていうか

見るな!
陰でコッソリならまだしも・・・白い目で見るなぁぁ
物陰から白い目でコッソリ見てたらどうするか、は考え中です。

すぐに話が脱線するのはいつものこと。


19時頃、いつもの奴からいつもの言葉。
『今夜みんなで遊ばね?』
リアルだったら少し遅めの、タチの悪い友人からのお誘いも
ネットではいつものこと。
仕事、学問に励む生活環境の違う私達が自由に出来る時間。
日中はそれぞれの『仕事』があるため、集まるのは夜になります。

今夜の会合はいつものメンバー。
私、笹身、ゆの神、ワイルドなぎーの4人です。
連絡を入れたのが19時過ぎ。集合は21時。
突然の連絡にも関わらず、2人とも快く参加してくれました。
2人、と述べた理由は語るまでもありませんね~

『今日は罰ゲームありでいこうぜ』
という暴君の一言が、まさか参加者全員の心を蝕んでいくとは…
全員が薄々は理解しつつ 笑顔でゲームが始まりました。

始まりは大富豪。
ハンゲームとネットマーブルを間違える、なんてお茶目でキュートな
ゲフッゲフ   ゴホッ

書き手の状況が芳しくありません。

多少のトラブルはあったものの、全員が会場入り。
ルールに慣れるため、練習を一度だけプレイ。(罰ゲームなし・6p制)
ゆの様は見事反則負けを初体験、笹は5pまで健闘するも都落ち等
練習とは思えぬ試合内容。
ここでは運良くトップに立てました。
さて、本番ではそう上手くはいきません。
まず1回目が1位、続く2回目は1位、そして3回目も1位… あれ?
ビリは一度も2位を取れなかった ゆの殿。
罰ゲームの内容は1位が決める、という取り決めだったので
仕方なく、悩みに悩んだ挙句
手間が掛からず、その場で終わるものにさせていただきました。
具体的な内 は、 に相 し   為、割愛 せ    

電波状況が悪いようです。

会場を移してドンジャラへ。
ドンジャラは全員知っていたものの、特殊ルール(役など)が
あるため、慣れるまでに時間がかかりました。
ともあれ(多分)ぶっつけ本番でドンジャラ開始。

麻雀と通じるところもあり、なかなか負けず(勝てず)
そのまま最後まで────とはいきませんでした。
ゆの卿の華麗な猛進劇、その鋭い手腕と鮮やかな牌捌き。
隠していた実力を惜しげもなく発揮し、他の追随を許さず、
一人頂点に君臨する彼の姿は、かの王国に君臨した者、
金色の聖剣を携えた英雄のそれでした。
私達が敗北するのは必然、いえ、運命といえましょう。
大富豪では隠されていた力が、慢心する私達に叩き込まれ────

とにかく私は敗北したのです。
今夜の罰ゲームは追加方式で、一度でも負けると
それまで回避してきた全てのものが執行されます。
このようなルールを提案したのは悪鬼・悪霊の類に違いない!
罰ゲームは冷めた空気で軽く済ませ、
もう一度だ!と、もう6度目になる試合が開始されました。

悪鬼を完膚なきまで叩きのめし、復讐を果たしたことは
最早語るまでもありません。

敗北しても『もう一度!』と縋る悪鬼も
時間という制約には敵わないらしく、続きはまた今度ということで
今夜の会合はお開きとなりました。




罰ゲームとして受けた内容に
『ゆの公爵をベタ褒めする』『ブログを女言葉で書く』
といった宿題(?)があったのですがー・・・
が~・・・

中性的な文章じゃ罰ゲームになっていないのでは、と
軽く自分を戒めて  みなかったり。
ゆの陛下の件については、うーん、その
褒める褒められるに慣れていないので、えーと、つまり
見逃して!!(*ノノ)





この記事には愛憎と平和と夢と希望と情熱と破壊と裏切りと
信頼と偽りが込められています。
笹とMr.Junoのキャラが強すぎて、
なぎに触れてないのはいつものことで、さらばー!
コメント
この記事へのコメント
いいなぁ楽しそうで
そしてなぎさんかわいそす(´・ω・)
2007/02/07(水) 14:10:22 | URL | セラ #GCA3nAmE[ 編集]
あれあれあれあれ?
どっかの 強力キャラ 佑さんの存在は?

おいしいトコだけひとりじめの 佑さんのネタは???
2007/02/07(水) 18:56:34 | URL | ゆの #-[ 編集]
セラさん、油断は禁物です。
きっと近いうちに緊急招集かかります。

えぇっ、ボクなんてただの協力キャラですよ
なぎさんがいないとコンボゲージも消費出来ないもの。
おいしいトコ『だけ』じゃないって! …多分!
2007/02/08(木) 02:26:09 | URL | 佑 #lGWOCsWA[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://csms.blog16.fc2.com/tb.php/386-679e5ab9
この記事へのトラックバック