FC2ブログ
小者の道楽
どんなに逃げても 捕まえてあげる
ひぐらしちょーおもすれー

朝から晩まで、頭の中はひぐらしのく頃に。

あっちを立てればこっちが立たず。
謎を紐解けば新しい謎が顔を出す。

考察してるサイトをまわってたら
こんなの発見。

 ひぐらしの謎編3編は、全て根底の設定が同じとお疲れさま会で述べられています。
 つまり、鬼隠し編でわからない謎も、他2編にて提示される情報から推理が可能になります。

 ここまでは、ほとんどのひぐらしプレーヤーの共通認識だと思います。

 それでは、謎3編中で本当に全ての謎が解ける情報が提示されているのか。

 答えは否。です。


3編(鬼隠し編、綿流し編、祟殺し編)の謎を推理するには
しっかりとした根拠、推理するための材料が
出揃っていない
それらは後の解答編で提示されるもので、出題編のみで
謎を解き明かそうとするならば
"仮説"が必要になってくるんですね。
それが議論の幅を広げ、多くの人がこの作品に惹かれる理由でもある。
問題の途中で、答えを探すよーなもんですね。でもそれが楽しい。

竜騎士07様の書き込みも興味深い。


"綿流し編"は、"難易度は最も低いが悪質"
という難易度(?)になっており、あることに気付けば
半分は謎が解けると思います。
自分は既に"目明し編"の一部を見ているので
そう思うのかもしれませんが。

綿流し編の状況整理をしてから
他の2編に取り掛かった方が良さそうだ。
[どんなに逃げても 捕まえてあげる]の続きを読む
スポンサーサイト



その指ごと 連れてってあげる
今週のひぐらしは
この作品の"狂気"の一部が露呈しているように思います

アニメでは、出題編を見逃してしまったため
現在放映している解答編で「?」となる部分が多々あります。
(アニメでは目明し編が最初に来ました。)


Wikiのネタバレ部分以外を読んだら
「この作品は、最初から見なきゃだめだ」
という思いが固まってました。


今見てるのはアニメなので、それを最初から見ようと
レンタルビデオ探しに行った  けど   ない(´・ω・`)


仕方が無いので漫画を購入。
 ・鬼隠し編1・2
 ・綿流し編1・2
 ・祟殺し編1・2
 ・暇潰し編1
の7冊。


読み終わったらまた書きます。